アトピー性皮膚炎 

アトピー性皮膚炎について

 

アトピー性皮膚炎とは、主にアレルギー反応と関連がある皮膚疾患になっています。もともとアトピー性皮膚炎の名前の由来はギリシャ語の「アトポス」ということがから来ています。

 

これは「場所が不特定」という意味でどこに現れるか分からない疾患。という意味になっています。アトピーは皮膚炎以外にもさまざまな症状がありますが、日本では主にアトピーといえば皮膚炎を指すようになっています。

 

日本の皮膚科学会のガイドラインによると、かゆみと特徴的な皮膚症状と分布、慢性であることや反復性があることなどの特徴が当てはまる皮膚疾患をアトピー性皮膚炎と判断する基準になっています。

 

アトピー性皮膚炎はIgE抗体を産生しやすいことを素因としていることが挙げられます。また、家族歴や既往歴なども素因として挙げられます。一般的には適切な治療により症状がコントロールされ、この状態が維持されることで自然に寛解も期待される疾患だといわれています。アトピー性皮膚炎の治療には、ステロイドオやタクロリムス外用薬、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、保湿外用薬、シクロスポリン内服薬などが用いられます。

アトピー性皮膚炎の原因

 

アトピー性皮膚炎の原因はさまざまな物があると言われています。第一に体内に常在する細菌叢(さいきんそう)によるものが原因の一つであると言われています。この細菌叢というのは、ある特定の環境で生育する細菌の集合体で、アトピー性皮膚炎の場合には腸内や表皮、杯や口腔内などにアトピー体質になりやすい細菌が集まります。

 

遺伝的な要因もアトピーの原因になります。親がアトピー体質であれば、その子もアトピー体質になる確率が非常に高くなるといえるでしょう。又、食事もアトピー性皮膚炎の原因の一つになります。リノール酸という必須脂肪酸をとり過ぎる食事によって、炎症やアレルギー反応と関係の不快生活性物質が規制されやすくなるとと言われています。以上に挙げた原因以外にも、アトピーはさまざまな原因が挙げられます。

 

化学繊維を用いた衣服による皮膚刺激や、不規則な生活などもアトピー性皮膚炎を発症させる原因の一つになっていると言われています。年齢を重ねた人でアトピー性皮膚炎を発症する場合、表皮バリアであるセラミドが減少したために起こりやすくなるという説もあるようです。

 

全身脱毛が人気のサロンをランキングで徹底比較

更新履歴


このページの先頭へ戻る